HOME > 活動報告 > 活動詳細

えんどう隆の活動報告

2016年11月26日【議員活動報告】街頭演説を行いました。

本日、奥村議員と共に越前町と鯖江市で街頭演説を行いました。

2016年度第2次補正予算が成立しました。
本予算は、未来への投資を実現する経済対策として編成され、公明党が掲げた希望が、行き渡る国へとのスローガンに基づく主張が随所に反映された補正予算になっています。と訴えました。

主な予算の確保(国全体)
①耐震性を有する水道管への更新支援等に400億円

②ホームドアの設置をはじめとする鉄道駅のバリアフリー化推進に208億円

③地方創生交付金に900億円

・熊本地震の被災地では、倒壊家屋の解体が進まない課題が山積のための復興基金の創設の支援をするため、510億円計上の確保。

街頭演説は、いろんな方が聞いておられると思いますが、特に家計を預かる主婦の方の国の対策もおおいに気になるところです。

家計対策としては、来年3月分まで措置されている低所得者の臨時福祉給付金は消費税率引き上げが2年半延期されることから
来年4月からの2年半分として一人当たり1万5000円を、一括支給されます。

また、卒業後の所得に応じて返還額が変わる新たな所得連動返還型奨学金のシステム創設も進められます。

では、財源の確保はどうするのか。
財源は、赤字国債を発行せず、税外収入や国債未払い費の減少分を充てる。

インフラ整備には建設国債の発行。

政府が民間事業に低金利で資金を貸し付ける財政投融資を活用します。

○公明党の主張により、希望が、地方に、中小企業・小規模事業者に、家庭にゆきわたる補正予算となりました。

いよいよ、鯖江市も11月30日から12月定例会が開催されます。

生活者優先の政治をモットーに今回も市民の皆様の声に耳を傾け本会議、委員会に臨んでまいります。

応援メッセージ

黒田富士男 さん

青山観光サービス株式会社 代表取締役社長
未来の子供たちのためにより一層住み良い郷土を作っていって下さい。

山田俊一 さん

(有)ハンズ取締役副社長
まじめすぎるぐらい実直でウソがない議員さんです。信頼して、応援させてもらってます。

松田進太郎 さん

松田商店 代表
人が元気に、街が安心に、ひとりの人を大切に、庶民目線の「声の届く政治」に期待しています。




Copyright© Yohinori Okumura AllRights Reserved.