HOME > 活動報告 > 活動詳細

えんどう隆の活動報告

2020年1月2日【議員活動報告】街頭演説実施

新春の抱負・決意

日時 令和2年 1月2日(木)AM9:00~12:30

街頭場所 越前市 4ヶ所
       越前町 3ヶ所
       鯖江市 3ヶ所

街頭演説者 奥村総支部長・桶谷支部長(越前市)・遠藤支部長(鯖江市)

街頭演説内容(抜粋)

○庶民の暮らしを守り、全世代型社会保障改革について

 昨年4月に行われた統一選挙・7月の参議院選挙に於ける、厳しい選挙戦を皆様の絶大なご支援を賜り連続勝利をさせていただき
感謝と御礼を申し上げ、本年も、公明党は「大衆と共に」の立党精神を胸に、議員同志のネットワーク生かして市民生活を守りぬいていくため、
全力で働いて参ることを決意させていただきました。


 公明党は一貫して子育て支援から高齢者福祉まで幅広く安心を得られる「全世代型社会保障制度」の構築を訴えてきた。

 理由は、これまで、我が国の社会保障制度は年金・介護など高齢者向けの給付が中心であり、
子育て世代や若者世代への給付が十分でないと言われてきました。

 しかしながら、近年、少子高齢化を背景に「世代間の公平」の必要性が強く求められてきた。
社会保障制度の転換が必要となってきており、実施も進んできている。

これからの「全世代型社会保障制度」の在り方。
結論から申し上げると(子育て支援)の実施。

〇政策内容
  ①平成27年度から消費税財源とする「子ども・子育て支援新制度」の実施

②昨年10月から、スタートした「幼児教育の無償化」・「保育の無償化」・・・待機児童解消と保育士の処遇改善等

  ③本年4月からスタートする「私立高校授業の実質の無料化」・・・真に支援が必要な人に対する政策実現

  ☆公明党が長年主張と努力が結実した「3つの教育の無償化」の実現

  ☆「子ども・子育て支援新制度」とは・・・平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」「認定こども園法の一部改正」
   「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」
   「子ども・子育て寒冷3法に基づく制度」

  高齢者世代への制度
  ①年額6万円の年金生活者支援給付金、、、給付の増額
  ②介護保険料の負担軽減の対象者の拡大、、、負担の軽減

  ☆低所得者に対する支援
〇2019年ど人口推計による出生数の減少、、、86万4000人(90万人を割る)ー団塊世代・団塊ジュニア世代は年間出生数は200万人

〇超少子化の突入
☆超少子化高齢化の度を増す中で将来にわたり社会保障制度の安定感・納得感の改革が必要=公明党は改革に果敢に取り組みます。


大災害における防災・減災対策

〇昨年の台風15号・19号での鉄塔・電柱の損壊・倒壊を受けて「無電柱化と電源車確保の考察」

応援メッセージ

黒田富士男 さん

青山観光サービス株式会社 代表取締役社長
未来の子供たちのためにより一層住み良い郷土を作っていって下さい。

松田進太郎 さん

松田商店 代表
人が元気に、街が安心に、ひとりの人を大切に、庶民目線の「声の届く政治」に期待しています。




Copyright© Yohinori Okumura AllRights Reserved.